2008年04月22日

コイの季節

s-080422 009.jpg 鴨川で、鯉の産卵が始まりました。浅瀬に集まり、水しぶきをあげています。鯉にとって、浅瀬の存在がいかに大事であるかが、よくわかります。
 昔、川の工事を行うための設計をしていた頃、図面に定規で線をひき、流速や水位の計算をして、「これで基準通りだ」なんてことをやっていました。
 川を知らず、川に生きる無数の生き物たちの生活に無頓着に、川の周りの多く人々の想いを気にもせず、マニュアルに従って定規で線をひいていたことに赤面します。
 これからの川の整備、机の上で、図面とコンピュータのアウトプットとマニュアルに基づいて線をひくようなことだけはして欲しくない。もう、そんなことはしないと思いたいのですが。


posted by tarutoku at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。