2017年12月12日

薪割り

 今年は、例年より早く寒さがやってきた。お陰で紅葉が鮮やかだったが、一方でストーブにくべる薪の消費量が増えている。この調子でいくと現在のストックでは3月まで持たないかもしれず、植木屋さんに伐採材の補給をお願いした。補給材が入れば、また薪割りを行わねばならず、少なからずうっとうしく感じる。しかし薪を割っていると、樹種によってそれぞれ独特の香りをかぐことができる。これは薪割りをして初めて体験できることであり、ありがたいことである。薪割りをうっとうしがらず、木々の香りを楽しむ貴重な機会だと思い、ぼちぼちやっていきたいと思う。


posted by tarutoku at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。