2017年02月21日

コーヒーカップ

 昨日、樽徳商店の北隣の「mur mur cafe」さんでコーヒーカップ制作の発表会がありました。このカフェは昨年秋に開店したカフェです。カフェのオーナーさんが今年四月に移転してくる京都美術工芸大学の学生さんに春夏秋冬の四季に応じたコーヒーカップの制作を依頼され、完成した作品の発表が行われました。5,6人の学生が1チームとなり、各季節用のカップ、コースター、マドラーのセットのコンセプト、製造工程等をプレゼンしてくれました。皆、半年かけて高瀬川の四季を感じ取り、それを作品に仕上げたもので、どれもとても素晴らしいものでした。
 発表会には菊浜学区で街づくりに取り組んでいる方も招かれ、4月から近くに引っ越してくる学生さんたちとこれをきっかけに一緒にいい街づくりができればと願いました。
 四季によって変わるコーヒーカップでおいしいコーヒーを飲みながら、高瀬川の流れを眺める。贅沢なゆったりした時間を過ごせることと思います。是非樽徳商店にお越しの折には、お立ち寄りください。
]


posted by tarutoku at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

「京都ぎらい」

 「京都ぎらい」、「京女のうそ」の著者である井上章一氏の講演会に行ってきました。(「行ってきた」というより、「講演会を準備した」という方が正確)氏は、中学高校の同窓であり2学年下でもあり、「京都ぎらい」がベストセラーになった時読んでみました。本自体にはあまりいい印象を持たなかったのですが、ご本人の講演は絶品でした。講演の途中でピアノ演奏もありまったく飽きさせず、そこいらのお笑い芸人より格段に笑わされました。氏の講演会、一聞の価値はあります。
posted by tarutoku at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

人命と辞任

 昨日の国会で、安部総理が南スーダンに派遣している自衛隊員に死傷者が出た場合、総理の職を辞任する覚悟があると答弁したと報道されている。
 自衛隊に死者が出た場合、辞任するとした総理答弁、辞任することを引き出したと満足しているような野党、政治家の傲慢さに不愉快になった。仮に死者が出た場合、私が辞任しますからお許しをという発想は、自衛隊員の命と総理辞職を同等とみなしている。死者は出さないからと大見えをきり、それで派遣した後、仮に死者がでたら、「私が辞めます」ですむと思っているのだろうか。五輪誘致の際の「福島原発は完全にコントロール下にある」という大ウソをはじめ、彼の発言からは誠実さがまったく感じられない。トランプ大統領の言動をマスコミは大騒ぎで報道しているが、他国のことより我が国のリーダーについてもっとまともに取り上げるべきではないか。
posted by tarutoku at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。