2018年04月30日

ウィーン少年合唱団

 小さい頃から名前だけはよく聞いていたが、妻に連れられて初めてウィーン少年合唱団のコンサートに行ってきました。小学生から中学生ぐらいの幼い男の子が、宗教音楽から、世界各地の曲を歌ってくれました。天使の声を聞いたことはないが、まさに天使の声と呼ばれるだけのことはありました。素直に清々しい気持ちにさせてくれたコンサートでした。


posted by tarutoku at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

小説

 最近読んだ警察ものの小説。まじめな警察官が誤認逮捕で処罰を受け、組織から疎外され、消され、自殺として処理される。そのことに疑問を抱いた刑事が捜査を行うが、警察組織から妨害され、動けなくされるが、最後は、警察組織、官僚の陰謀、隠ぺいが明るみにでるというストーリーでした。
 書店にいくと、この手の警察ものの小説があふれている。警察が組織を挙げて犯罪者を捕まえるという内容も見受けられるが、警察あるいは検察による謀略やもみ消し等を取り扱った内容も多々見受けられる。こんな小説を読んでいるとフィクションとは言え、そういうこともあるのかなと思わされる。同じ公務員であるのに
他官庁の内部を描いた小説は警察ものに比べて圧倒的に少ない。なぜなのかわからない。
 現在世間を賑わしている官邸、財務省、防衛省、文科省等の出来事、報道で知る限りでは、内容があまりにも稚拙でありばかばかしく、小説の題材にしても三文小説にもならない。政治家、官僚が国民を欺くのであれば、もう少し真剣に取り組まないとと思う。あまりににも世間をなめている。
posted by tarutoku at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

開花予想

 鴨川の五条から七条の間の桜、先週の土曜日にはかなり咲き出していました。昨日テレビでは、気象予報士さんがなにやかやと理由を述べて、京都の開花は24日だと言っていました。確かに気象台が定めた標準木がいつ咲きだすかということでしょうが、そんなことはどうでもよい情報だと思いました。鴨川では数日前に綺麗に咲いているのですから。
 桜の開花予想に限らず、テレビでまことしやかに伝えていることで、どうでもいいようなことがあまりにも多い。僅かな積雪で大騒ぎをしている東京の情報。大した雨量でもないのに、洪水への警戒呼びかけ。他地方で発生した震度3程度の地震速報。そんな情報にさらされていると、頭がおかしくなるように感じます。今晩も、小説を読むか、早く寝るかの選択です。
posted by tarutoku at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

小さな地味な魚屋さん

昨日は、気温が上がり汗ばむほどの気候でした。家にいるのはもったいなくて、妻と一緒に東福寺周辺へ散策に出かけました。観光客も少なく、静かな雰囲気でゆったりした時間を過ごしました。帰りに、街角の魚屋さんに立ち寄りました。いつもその前は通るのですが、はじめて覗いたところ、ご主人がいろいろ説明してくださり、アジの焼き魚、子イワシの酢漬け、青菜のからし和え、かぼちゃの煮たのをちょっとずつ買いました。家に帰って頂いたところ、どれも大変おいしかったです。これからちょくちょく立ち寄りたいと思います。スーパー等で大量に売られている商品が当たり前とおもっている中、小さい地味なお店が一所懸命作っておられるものを発見し、とてもうれしく感じました。
posted by tarutoku at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

琵琶湖湖畔

3,4日と琵琶湖の湖畔でゆっくりした休日を送りました。大変天気がよく、真っ青な湖面、沖ノ島、遠くには雪を頂いた比良山系と最高の景色が昼、夕方、夜、朝と移り変わっていく様子を眺めることができました。今更ながら琵琶湖って美しいと感動しました。昔、琵琶湖総合開発事業に携わっていた折、人工的に水位変動させるための施設、水位変動による様々な支障への補償・対策工事をいかに円滑に行うかに没頭し、その間に琵琶湖が美しいということを実感することができなかったように思います。琵琶湖総合開発計画自体、琵琶湖を近畿の水がめとして人口湖に整備することが目的であり、環境や景観対策はあくまでも人口湖にするための対策でした。高度成長時期に水資源開発が急がれた時期、やむを得なかったのかも知れませんが、計画を策定した人、工事を実行した人が、琵琶湖の美しさに感動し、そこに生きる生物をいとうしむ想いがあれば、根本的にやり方が違ったかもしれません。今更悔いても仕方がないのですが、現場での感動がないまま、机上論で合理的であると判断して突き進むことが今も相変わらず行われていることを悲しく思います。
posted by tarutoku at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

月桂冠

 月桂冠の酒蔵を見学させていただきました。歴史を伝える様々な資料や最新の酒造システムを詳しく丁寧に説明していただきました。この数年、連続してお酒の品評会で金賞を受賞されていることも初めて知りました。月桂冠というと一般的に大量に販売されているお酒というイメージがあったのですが、とびっきり美味しいお酒も製造販売されているとのことで、実際に飲ませていただき納得しました。お酒は百薬の長、地元のおいしいお酒を適量飲むことにより、健康を維持していきたいと思っています。
posted by tarutoku at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

初春シニアおもてなし

 昨日、京都シニアおもてなしクラブの2回目の会を行いました。中国人家族5名、米国人母子2名、カナダ人留学生1名、米国人留学生1名、9名の外国人の方々に対して、8名のシニアがおもてなしをしました。今回は小さい子供さんが3人いて、前回にもまして大変に楽しくぎやかでした。着物に着替えた後、下賀茂神社に初詣し、その後は、書き初め、抹茶、福笑い等であっという間に時間が過ぎました。次回は、桜の花の頃、趣向をこらして実施したいと思っています。
posted by tarutoku at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

中国語教室打ち上げ

昨日、1年間通っていた中国語教室の最後の授業(留学生との会話)と打ち上げがありました。大半が60代で、若さに欠けるクラスでしたが、現役時代に何をやっていたのかも知らず、まったく利害関係もない人たち同士、中国語や中国の事情の話で、楽しく盛り上がりました。打ち上げが終わると、淡々とさようならと別れました。恐らくほとんどの人とは、もう二度とお会いすることもないでしょう。清々しい気持ちで帰途につきました。
posted by tarutoku at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

薪割り

 今年は、例年より早く寒さがやってきた。お陰で紅葉が鮮やかだったが、一方でストーブにくべる薪の消費量が増えている。この調子でいくと現在のストックでは3月まで持たないかもしれず、植木屋さんに伐採材の補給をお願いした。補給材が入れば、また薪割りを行わねばならず、少なからずうっとうしく感じる。しかし薪を割っていると、樹種によってそれぞれ独特の香りをかぐことができる。これは薪割りをして初めて体験できることであり、ありがたいことである。薪割りをうっとうしがらず、木々の香りを楽しむ貴重な機会だと思い、ぼちぼちやっていきたいと思う。
posted by tarutoku at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

ユズ採り

 社員一同で、亀岡にユズ採りに出かけました。暑くもなく、寒くもない絶好の天気のもと、地元の農家さんの指導を受けてユズを採りました。近くで見るとユズの木、枝には鋭くとがった棘があり、油断すると手、腕、顔、頭、どこにでも刺されます。ちょっと刺さっただけでも、かなり痛いです。棘を気にしながら、慎重に一つ一つ、ハサミで収穫していきました。1時間ほど作業をした後、農家の奥様が作ってくださったユズ茶と藍の茶葉が入ったクッキーをごちそうになりました。亀岡の保津町では、住民之皆さんがNOPを組織し、地元の農産物を使って様々な産品を作っていらっしゃいます。地域で一所懸命に活動されている方々からおもてなしを受け、充実したひと時を過ごすことができました。
posted by tarutoku at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。